So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

タッパン・ジー・ブリッジ Tappan Zee Bridge [automobile and traffic]

tzb1.jpg
ハドソン川にかかる橋と聞くと、殆どの方がイメージするのがマンハッタン島とニュージャージー州フォート・リーを結ぶジョージ・ワシントン・ブリッジではないでしょうか。ハドソン川は川幅が広く橋があまり架かっていません。その代わりマンハッタンとニュージャージの間にはいくつものトンネルが掘られています。皆さんが知っているホーランド・トンネルやリンカーン・トンネル以外にも鉄道専用のトンネルがいくつかあります。
では、北側に目を向けてみましょう。ジョージ・ワシントン・ブリッジから北にある橋は?トンネルは?
実はジョージ・ワシントン・ブリッジから北に30Kmにあるタッパン・ジー・ブリッジまでハドソン川を渡る手段はないのです。今回はこのタッパン・ジー・ブリッジを紹介します。

タッパン・ジー・ブリッジは1955年に開通しました。ハドソン川でももっとも川幅の広い5キロという距離の橋です。この橋によりニューヨーク州の北バッファローとニューヨーク市を結ぶニューヨーク・スルーウェイ(インターステート87号線)が完成しました。
名前の由来はネイティブアメリカンの名前とオランダ語の海を意味するジーをあわせて命名されました。1992年から第50第ニューヨーク州知事のマルコム・ウィルソンという名前が追加され、正式名称は「マルコム・ウィルソン・タッパン・ジー・ブリッジ」と言いますが誰も読んでいません。通常地元民はタッパン・ジー・ブリッジかタップと呼びます。

tzb2.jpg建設当時は朝鮮戦争の最中で建築資材が足りず耐久年数が50年しかない橋として架設されました。なので、早めの立て替えが必要でした。耐久年数は1995年に超え、交通量の増大も深刻化してきました。しかし立て替えにはかなりの出費が予想されたため崩壊の危険があるにも関わらず必要最低限の修繕で今まで維持しています。
そんな状態が続く中、1999年に立て替えの議論が本格化しました。現在の橋を大規模改修する案と根本的に立て替える案の2つのどちらがいいのか、さらには車線の数や鉄道を敷設するかなども議論されたそうです。2011年最終的に新しい橋を作り直すという案が採決されました。車線は4車線×2の8車線となり鉄道は見送られました。現在は3車線×2で交通量によりセンターの車線を動かす方式でしたが、車線が増え路肩や歩行者用道路も整備されるので道幅はかなり広くなるそうです。デザインも変更されます。トラス型の橋は撤去され新しい橋はケーブル・ステイという構造の美しいものになります。総工費は39億ドル(4000億円)となりかなり大規模な工事となります。

昨年の秋から基礎工事は始まっており、現在の橋の直ぐ北側に新しい橋を建築します。そして新しい橋が稼働したら古い橋を全て取り壊します。2016年には新しい橋が開通する予定です。現在、橋の通行料金は5ドル。1990年代は2.50ドルでした。今後通行料金の値上げが予定されています。

project-timeline.jpg


ロックランド郡、オレンジ郡の住人にとっては毎日の通勤路での渋滞緩和が恩恵となりますが、通行料金が上がるのは辛いところです。さらに鉄道でマンハッタンに通勤している人は今まで通りニュージャージー経由でしか通えず、橋に新しく作られる鉄道とハドソンラインを使っての時間短縮も不可能となりました。このあたりは残念なところです。
マンハッタンやウェストチェスターからロックランドのモールに行く人やアウトレットモールに行く人にとっては便利になるでしょう。とにかくここ数年は渋滞が激しかったので、その解消だけでも大きなメリットになることは間違いありません。

暫くは糀が続きますが、既存の橋には影響がないことも良いことです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

モリス郡の銃所持許可証の発行数が急増 [new jersey]

gunsjpg-be518c8bdba3d844_small.jpg2007年から2008年にかけて、モリス郡で発行された拳銃所持許可証の発行数が50%も増えたとDaily Record紙が伝えています。

2007年には1842件だった発行数が、翌年は2740件と増えたそうです。これは2001年9.11後の9%上昇を遥かに上回っています。

今回の発行数の上昇原因は、今後銃所持が厳しく制限される新しい法律が施行される前の駆け込み需要だと見られています。

銃を所持する権利を有するアメリカらしいニュースですが、銃の数が増えると銃による事件も増加する傾向にありますので、住人の皆さんは、事件に巻き込まれないよう十分ご注意ください。
nice!(2)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

シックス・フラッグス破産申請 [new jersey]

family-vacations-six-flags-great-adventure.jpg

時事通信によると、経営不振に陥っていた米テーマパーク運営大手シックス・フラッグスは13日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請しました。
負債総額は34億ドル(約3300億円)。長引く景気後退の影響で破産法の適用に追い込まれたそうです。ただ同社は、テーマパークの営業には影響しないとする一方、事前に調整された再建計画を通じて同法適用からの早期脱却を目指すとしています。ニューヨークには、唯一の大きな遊園地「グレート・アドベンチャー」があります。この遊園地がなくなってしまうのはとても寂しいですが、ニュースによると、今年も営業は行われるようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

US Airways ハドソン川に不時着 [airport and airline]

usair.jpg

既に報道されているように、ラ・ガーディアを飛び立ったU.S. AirwaysのA320旅客機がハドソン川に不時着しました。2つのエンジンにエンジンが鳥を吸い込まれた(バード・ストライク)の可能性が高いです。現在、事故調査委員会は2つのエンジンを探していますが、飛行機からはエンジンが外れており、ハドソン川の底を探しています。

このUS Airwaysは、離陸直後にエンジンが故障し、パイロットは管制にその旨を伝えています。管制官は、ダイバート空港として、テターボロ空港を指定しました。確かにラ・ガーディアから離陸したUS AirのA320の正面にはジョージ・ワシントン・ブリッジ、そしてその先にはテターボロ空港の滑走路が見えたはずです。

しかし、フォート・リー上空を飛んでテターボロ空港まで行くには、高層マンションの近くを通過しなければならず、とっさの判断でハドソン川に不時着することを選択したものだと推測されます。離陸後3分間の出来事です。パイロットの冷静な判断に驚かされます。

もし、フォート・リー上空を飛んでいたとして、テターボロ空港までたどり着かない可能性もありました。もしたどり着いても滑走路に無事に着陸できたかはわかりません。大量の燃料を積んだままの着陸はおおくの危険を伴います。川ならばもし燃料に引火したとしてもまわりが水なので最小限の被害ですむはずです。

ラッキーだったのは、ハドソン川に大きな船が航行していなかったことです。よく大きな貨物船や軍艦がハドソン川に浮かんでいます。こういう大きな船がいた場合は、着水も困難だったでしょう。

今回の事故は、機長の適切な判断、そして幸運が重なって大惨事を回避した航空機事故として歴史に残るでしょう。

ちなみにバード・ストライクは頻繁に起きています。ニューヨークの場合はJFKのほうがおおいそうです。でも普通1つのエンジンに鳥が吸い込まれても大丈夫なように設計されています。燃費効率のため、最近は2エンジン機が増えていますが、こういう事故を目の当たりにすると、4エンジン機のほうが安全なのも理解できますね。

nice!(26)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

交通情報 [automobile and traffic]

large_traffic.jpg

ニュージャージ、ニューヨーク・ハドソンエリアのリアルタイム交通情報は、以下のサイトでご覧になれます。


冬は、雪による事故や渋滞が多発します。
安易に車で出かけると、かえって来られなくなったり、車がスタックすることがあるので、出かけるときは交通情報を確認してください。

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ニューヨーク近郊 廃線の旅 [new york state]

今回は、簡単に行ける「廃線の旅」を紹介します。

 

「廃線」と聞くと日本の寂れた田舎町を想像しますが、ニューヨーク、ニュージャージー州は、古くから鉄道路線が造られてきた歴史があり、おおくの廃線後を見ることができます。

 

今回は、ニュージャージー州から日帰りで見ることのできる廃線を紹介します。

ニュージャージー州の鉄道の集約地Hoboken。マンハッタンからPATHトレインが来ているので利用したことのある方がおおいと思います。ここからニュージャージー・トランジットがニュージャージー各都市に路線を放射状に巡らせています。そのうちニュージャージー北部に向かってすすむ路線がメイン・ラインとパスカック・バレー・ラインの2本です。

Main Lineは、Hobokenから北に向かい、Passaic、Patersonを通り、ニューヨーク州のSuffernまで延びています。

もう1本の、パスカック・バレー・ラインは、HobokenからTeterboro、Hackensack、Oradellを通り、ニューヨーク州のSpring Valleyまで延びています。どちらの路線も、ニュージャージー北部に住んでいると、何度かは見たことがあると思います。

 

この2路線、両方共に終点はニューヨーク州ロックランド群です。ニューヨーク州に入ると、運営はメトロノース鉄道になります。日本でも行われている相互乗り入れ方式ですので、乗り換えることなくアクセスできます。両線共に片道1時間程度の近郊列車として利用されています。

 

さて、この終点のSuffern駅とSpring Valley駅、実はかつては繋がっていたのです。ちょっと古いですが、かつて5大湖のひとつエリー湖とマンハッタンを鉄道でつなげるという計画がありました。この計画によって誕生したのが、エリー鉄道です。この鉄道は現在のニューヨーク・ステート・スルーウェイと並行して走る長距離鉄道でした。当時、エリー運河も建設され、人と荷物の運搬が行われていました。現在は、空輸にシフトしてしまい、鉄道と運河は寂れてしまったのです。現在のニュージャージー・トランジットの線は、一部このエリー鉄道が作った線路を利用していることになります。そして、かつての大動脈だったSpring Valley - Suffern間の路線は、サービスを中止してしまいました。

 

ただし、現在も当時の遺構がほぼそのまま残っているのです。いつでも再開できるほどちゃんと残っているのですが、ここ数十年間列車が線路を走ったことはありません。

 

この廃線をSuffern駅からSpring Valleyに向かって辿ってみましょう。

 

<Suffern>

rr1.jpg

この街はCMなどの撮影使われるかわいい街です。古くからある街で、長い歴史があります。ここにあるSuffern駅。現在はニュージャージー・トランジットのメイン・ラインの終点ですが、ここから先ポート・ジャービスまで線路は残っており列車の定期運行も行われています。

右の写真は、現在のSuffern駅です。メイン・ラインの終着駅なのに意外と質素なデザインです。駅の前には駐車場があり、このあたりの住人は駅まで車で来て電車でマンハッタンに通勤しているようです。駅の東側にはルート59の沿ってノスタルジックな商店街が広がっています。この中にヒストリック・サイトにも登録されている映画館があります。この映画館、現在も営業中で町の人に愛されていますので、見る価値があると思います。

 

またSuffernは、人気ドラマ「Sex and the City」では、主人公の実家があるという設定でした。マンハッタンからちょっと離れていますが、この辺りは所得の高い世帯が沢山住んでいます。

 

さて、廃線です。街の北側に線路の分岐があり、現在使われている線路から東に向かって廃線が延びています。ただし、この廃線は現在も引き込み線として使われているようで、1Kmくらいはとても綺麗な鉄道として残っています。

 

<Airmont>

rr2.jpg

Suffernからルート59を平行して廃線は残っています。よってSpring Valleyまでは、ほぼルート59を走ることになります。Suffernを出るとしばらくは住宅地と林の中を線路は延びています。このあたりも現在使われている感じがします。

 

ルート59とAirmont Rd.の交差点を北に曲がるとすぐに踏切が見えてきます。これが廃線です。でも、このあたりまでは貨物線の引き込みとして使われているようでメンテナンスもちゃんと行われています。

 

この辺りの工場から荷物を運んでいるのでしょうか?Suffernから結構離れた距離なのにきちんと整備されているのが不思議です。踏切も使われているような感じでした。

 

数年前までは、このあたりは森が残っていたのですが、現在は宅地化が進んでいます。線路の直ぐ脇に大規模なコンドミニアムが建設されています。しかし、線路はつぶされることがなく残っています。

 

線路はしばらくニューヨーク・ステート・スルーウェイのすぐ隣を平行して走ります。

 

<Tallman>

ルート59とSppok Rock Rd.の交差点付近で線路は大きく蛇行します。ここではルート59と立体交差しています。このあたりは草が茂っており、明らかに廃線の色が濃くなります。この立体交差を過ぎると線路はルート59の南側の住宅地の中を走り続けます。

 

rr4.jpg

 

<Monsey>

線路は、再びルート59と立体交差で交わります。ここ辺りは最近大規模な工事が行われ整備されています。本来なら使われていないはずの線路を排除し道路を整備すべきですが、何故か線路はきちんと再構築されています。よく見ると、林の木が折れて線路をふさいでいたりしますが、それを取り除けばいつでも列車が走れそうなほど綺麗に整備されているのです。

 

rr7.jpg

この後は、再びルート59の北側を平行して廃線は走っています。しかし、直前までとても綺麗な線路がMonseyの街に入ると急に汚くなります。線路にはゴミが捨てられていてまるでゴミ捨て場です。そして、場所によっては土で線路が埋まってしまっています。一応線路の走っていた場所は残っていますが、知らなかったらただの空き地にしか見えません。そしてルート306との交差点では線路はアスファルトに埋められて、そこに踏切があったことさえわからなくなっています。

 

<Spring Valley>

ルート59は、Spring valley High Schoolを過ぎると坂になって下ります。廃線は、北側の住宅地の間を走っていますが、このあたりでも場所によって線路が取り払われていたりします。一応ほとんどの場所で線路を確認できますが、列車を走らせる場合は、かなりの復旧工事が必要です。

この辺りからは、線路を横断するとき、必ず大きな「Rail Xing」サインが掲げられています。サインだけ見ると、かなり大きな踏切があると思うのですが、実は廃線の踏切です。サインは新しく輝いています。何故使われていない踏切にこれほど大きく新しいサインが必要なのか不思議でした。実際の踏切はアスファルトで線路がつぶされていました。

 

さらに進むと、急に線路が復活します。このあたりはSpring Valley駅の近くです。

rr8.jpg

ここは引き込み線として使われているのでしょう。さらに線路は、北側にも延びています。この線路はかつてSpring valleyからHavestrowまで延びていた別路線です。この路線も途中までは車両基地として使われているようです。

 

Spring Valley駅は、現在も使われているので、綺麗に整備されています。ここからHobokenまで毎日列車が運行されています。

 

 

このように、このSuffern - Spring Valley 鉄道は、かなりはっきりと遺構が残った珍しい廃線です。何故ここまで長期間にわたり線路が残っているのかわかりませんが、現在でも街の開発の際にはあきらかに残す意図が伝わってくるのです。

 

この廃線の旅は、時間にして2時間程度で全てを見ることが可能です。古き鉄道に興味のある方は是非足を運んで自分の目で見て下さい。発展した町にありながら、住人に忘れ去られている廃線を見ていくと、自分だけタイムスリップしたような気持ちになりますよ。

 

注意)廃線を見るときは、パブリックスペースからにしましょう。プライベート・プロパティへの進入は避けるべきです。

 

 

 


nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

映画の都だった フォート・リー [new jersey]

fortlee1.jpg
かつてのスタジオシティです。ここにいくつものスタジオが建設されていました。

 

映画の都と聞くと誰もが「ハリウッド」と答えるでしょう。アメリカ映画は「ハリウッド映画」と呼ばれ、世界中の人が今でもハリウッドで映画が撮影されていると思っているはずです。

 

しかし、実はハリウッドが栄える前に映画の都があったのです。それが、なんとニュージャージー州なんです。もう少し詳しく場所をお伝えしましょう。かつての映画の都は、ニューヨーク・シティのマンハッタンの直ぐ隣、フォート・リーという街です。マンハッタンからの日帰り観光も簡単にできます。一番便利なのはレンタカーですが、地下鉄Aでマンハッタンを北上しジョージ・ワシントン橋をバスで渡るとすぐの街です。車でも電車&バスでも片道30分程度でアクセスできます。

 

いまから100年ほど前、時を同じくしてフランスのリミュエール兄弟とエジソンが動画を撮影する技術を開発しました。エジソンはニュージャージー州オレンジ近辺に研究所を置き発明を行っていました。エジソンが撮影機材を開発すると、映像を撮影してその映像を上映するという産業がアメリカ東部で興りました。これが後の映画産業です。

 

初期は、風景を撮影していたのですが、だんだんストーリーを俳優が演じるという形態に移行します。当時は、フォート・リーにあるハドソン川沿いの広場や崖で撮影が行われたそうです。これは今で言うロケですね。役者さんは、ブロードウェイの俳優を呼んで演技させました。しかし当時は映画はブロードウェイの舞台よりも低く見られていたため、役者さんは映画に出たがらなかったようです。それでも名前を変えて何人かが映画に出演するようになったそうです。

 

映画がだんだんと人気を博し、撮影本数が増えてくると、天候に左右されないインドアの撮影場所を創ることになりました。そこで、資金が必要となった映画制作者は次々と映画スタジオを開業します。

1912年にはChampion Film、Victor Filmという映画会社ができます。同じ年にUniversal Film Manufacturing、そう今のユニバーサル・ピクチャーズがメイン・ストリート沿いにオープンしました。1914年にはFox Entertainment(現在の20世紀フォックス)が、スタジオを建設します。1916年には、後にMGMのMであるMetro Pictures、Gとして名前に使われるGoldwyn Pictureがフォート・リーに設立されます。

 

fortlee3.jpg

ここがかつてのFOXスタジオ。現在は印刷工場です。

 

皆さんは、マンハッタンのすぐ近くのちいさな街がアメリカ映画の発祥の地だなんて知らなかったと思います。私は、実は数年前この町に3年ほど住んでいたのに、この事実を知りませんでした。

 

当時、おおくのスタッフとエキストラはマンハッタンからフォート・リーに通っていました。地下鉄でアップタウンのフェリー乗り場まで来て、ハドソン川をフェリーで渡り、トローリー・バスでフォート・リーまで来ていたそうです。よって、スタジオは戸ローリー・バスの通っていた道路沿いに建設されました。

 

そしてさらに驚くのは、100年ほど前のスタジオや撮影に使われた場所が今も残っていると言うのです。

早速、フォート・リーに行って詳しく調べてきました。

 

fortlee2.jpg

 フォート・リーのフィルム・コミッションは、映画の都市であったことを伝えるため、歴史的な場所には、詳しい説明が書いてあるボードを設置しています。このボードはデザインが統一されているので、見過ごすことはないでしょう。

 

このボードには、この場所が映画の都であったことを伝えると共に、誰が何をしたのかなども記載されています。そして、現在では忘れられてしまった俳優さんたちの顔写真も載っていて、誰もが当時の繁栄をイメージできます。

 

フォート・リー・フィルム・コミッションでは、「Before Hollywood There was Fort Lee, NJ」というDVDの監修を行っており、現在、アメリカと日本で購入できます。このDVDには、当時の写真と当時フォート・リーで撮影され大ヒットした映画3本が収録されています。これを見ると、現在も当時の面影が残っていることがわかります。

 

 

 

<映画のロケ地>

2366 6th St Fort Lee, NJ 07024

スタジオができる前に、映画のロケが頻繁に行われていた場所です。ここは今は公園になっています。場所はFort LeeのMain St.から約1Km、Lemoine Ave (9W)を北上します。Wall st.と交差したら、そこを右です。すると2本目の道の名前が6th st.になるはずです。ここにある公園のあたりが100年前のロケ地です。G.W.グリフィス監督などがここで撮影を行っていたそうです。なんだか時間を飛び越えたような不思議な感覚になる場所でした。

 

<Fox スタジオ>

2 5th St Fort Lee, NJ 07024

Lemoine Ave.と平行して走る5th st.。前の6th st.の隣の道です。ロケ地から2ブロック北にに行った場所にあります。

ここは、現在印刷工場となっていますので、中にはいることもできませんし、表示ボードもありません。ちょっとわかりにくいのですが、100年近く前に初めて立てられた映画撮影スタジオです。建物自体は当時と同じ形をしています。

 

<スタジオ・シティ>

2038 Linwood Ave Fort Lee, NJ 07024

フォート・リーのMain St.側にある公園です。このあたり、今は住宅地ですが、100年前は沢山のスタジオが林立していたそうです。426 Main st.にある岩は映画の撮影によく使われたそうで、映画のポスターなどにも登場しています。現在は、アパートの庭にあるオブジェのようです。

 

<ユニバーサル・スタジオ>

538 Main St Fort Lee, NJ 07024

ここが、元祖ユニバーサルスタジオです。かつてここに巨大なスタジオが広がっていたのです今は大きな駐車場です。近くのボードには当時のユニバーサルスタジオの写真があります。いくつものスタジオと給水塔があり、映画撮影所の面影があります。この敷地の南Jane st.には、現在もフィルム倉庫があります。かつてコダック社が建てたこのビルは、その後テレビ局のフィルム倉庫となり、現在は古い映画のフィルムを保管しているそうです。

 

<出演者控え室>

2424 1st St Fort Lee, NJ 07024

fortlee4.jpg

ここは、住所で言うとかつてのメインストリートなのでしょう。現在はただの住宅地ですが、当時は、1階がサルーン、2階が衣装部屋だったそうです。建物は当時と全く変わっていません。現在は子孫の方が住んでいるそうです。家の裏には広大な丘が広がっていたそうで、様々な映画が撮影されたそうです。














フォート・リーは、1930年代映画の都として繁栄しました。しかし、その後の戦争と大恐慌により、規模は縮小してしまいます。さらにこの辺りでは冬寒いため撮影ができませんでした。40年代からロサンゼルスが発達し、映画産業は徐々に西海岸へと移行していったのです。さらに、フォート・リーの地元住民は、映画産業による繁栄を嫌いました。これが衰退の大きな要因です。住人は、静かな生活を望んでいたようで、毎日シティから押し寄せるスタッフや交通量の増加に辟易していたようです。そこで条例を制定し映画産業の普及を阻止してしまいました。このように「映画の都:フォート・リー」は静かに幕を閉じていきました。

nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ナニュエット・モール、遂に閉鎖! [new york state]

nanuet-mall-05.jpg

ニュージャージーの北部と接するニューヨーク州ロックランド群で40年あまり人気を博してきたナニュエット・モールが閉鎖されることがわかりました。

我々ニュージャージーの住人にとって、土曜日・日曜日にモールが営業していないとき、利用してきたモールだけにとても残念です。

閉鎖の理由は、営業不振です。2001年にオープンしたパリセード・センターの影響で最近は急激に客数が減り、ここのところの金融ショックで、遂に営業継続ができなくなったようです。

経営しているシモンズ社によると、シアーズとメイシーズの建物だけ残し、他の建物は解体してしまうそうです。そして新しいタイプのショッピングセンターを建設する予定だそうですが、実現するかは微妙です。

ナニュエット・モールは、年内にも閉鎖するそうなので、懐かしい方は是非訪れてみてください。

23379540.gif

私は20年前、このモールの全盛期によく利用していたので寂しいですが、時代の流れなので仕方がないですね。

コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログ オープン! [essey]

公開から5年が経過し、ニュージャージーの生活環境も劇的に変化しました。
今後は、新しい情報や生活のチップをこのブログで公開していきます。

恒久的な情報は、勿論HPに反映していく予定です。

よろしくお願いします。

HP:ニュージャージー・ライフ


管理人

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。